アウディ

A1
A1 

11年1月−  (289.0万円)アウディの最小モデルで、上級モデルに匹敵する高い品質が特徴のプレミアムコンパクトカー。全長4m未満ながらそのデザインのすみずみにアウディらしさを表現。エンジンは1.4ℓTFSI直噴ターボを搭載し、同社初となるアイドリングストップ機構&エネルギー回生システムを採用している。

A3 スポーツバック
A3 スポーツバック 

04年10月−  (305.0万-463.0万円)アウディ最小モデルとなる5ドアハッチバック。1.4ℓ/1.8ℓ/2.0ℓと3種の直噴ターボエンジンをラインナップし、2.0ℓはクワトロ(4WD)の設定となる(他はFF)。ちなみに3ドアモデルは06年7月で発売中止になっている。

A4
A4 

08年3月−  (435.0万-518.0万円)80の流れを汲むミドルサイズセダン。先代に比べてホイールベースの延長や軽量化がなされたほか、フロントライト内部にライン状の「LEDポジショニングライト」が装着されたのがデザインの特徴。エンジンは1.8ℓ/2.0ℓ2種類の直噴エンジンを設定、2.0ℓモデルはクワトロモデル。

A4 アバント
A4 アバント 

08年8月−  (453.0万-536.0万円)A4ベースのステーションワゴン。設定グレードはセダンと同じで、1.8ℓ/2.0ℓ2種類の直噴エンジンを搭載し、2.0ℓモデルはクワトロモデル。両グレードに設定される「Sライン」は、専用スポーツシートや3スポークステアリングなどが装着される。

A5
A5 

08年2月−  (592.0万円)現行A4の派生車種となる4シータークーペモデル。2.0ℓ直噴ターボエンジンとクワトロシステムを搭載した「Sライン」パッケージも設定されている。トランスミッションは7段Sトロニックを搭載する。一時期は3.0ℓV6エンジン搭載モデルも販売されていた。

A5 カブリオレ
A5 カブリオレ 

09年8月−  (648.0万円)A4カブリオレの後継モデルにあたる、A5の4シーターオープンモデル。2.0ℓ直4の直噴ターボエンジンを搭載し、7段Sトロニックトランスミッションやクワトロシステムなどが組み合わせられる。ルーフはソフトトップで、オープン状態でもトランクスルー機構を使用することができる。

A5 スポーツバック
A5 スポーツバック 

10年1月−  (575.0万円)A5の派生車種となる5ドアハッチバックで、クーペのようなルーフラインの美しさが特徴。「2.0TFSIクワトロ」のみのグレード設定で、エンジンは211psを出力する2ℓ直4の直噴ターボを搭載。駆動方式にはクワトロシステムを採用している。

A6
A6 

05年6月−  (655.0万-844.0万円)A4とA8の間に位置するラグジュアリーセダン。全グレードともクワトロシステムが採用され、2.8ℓV6と3.0ℓV6スーパーチャージャーエンジンを搭載。3.0ℓには「Sラインプラス」パッケージも設定される。デザインは日本人のワダサトシ氏によるもの。

A6 アバント
A6 アバント 

05年6月−  (687.0万-876.0万円)A6セダンベースのステーションワゴンモデル。グレード体系はセダンと同一で、 3.0ℓモデルに設定される「Sラインプラス」パッケージは専用デザインの19インチアルミを装備。A6をベースとしたSUV風の「オールロードクワトロ」は09年で販売中止になっている。

A8
A8 

04年2月−  (1104.0万-1787.0万円)フラッグシップとなるエグゼグティブサルーン。フレームからパネルまでオールアルミ製で、全長5mを超える大型ボディながら軽量設計になっている。エンジンは4.2ℓV8と6ℓW12が設定されており、駆動方式は全車クワトロ(4WD)。08年のマイナーチェンジではヘッドライトとグリルの意匠変更が行われた。

Q5
Q5 

09年6月−  (574.0万-667.0万円)Q7の弟分となるミドルサイズSUV。グレードは2.0ℓ直4ターボエンジンを搭載する「2.0TFSIクワトロ」と、3.2ℓV6エンジン搭載の「3.2FSIクワトロ」。それぞれにスポーティーな装備が装着された「Sライン」パッケージが設定される。

Q7
Q7 

06年10月−  (772.0万円)アウディ初の本格的SUVとなる 3列シートを備えた大型SUV。搭載されるエンジンは3.0ℓV6スーパーチャージャーで、8段ATと組み合わされる。駆動方式はフルタイム4WDのクワトロシステム。VWトゥアレグのプラットフォームを使用している。

TTクーペ
TTクーペ 

06年10月−  (460.0万-519.0万円)98年にセンセーショナルなデビューを遂げたスポーツモデルの2代目。デザインには独特な初代のモチーフを取り入れながら、よりシャープなイメージとなった。2.0ℓ直噴ターボエンジンを搭載し、駆動方式はFFとクワトロ(4WD)が設定される。

TTロードスター
TTロードスター 

06年10月−  (534.0万円)TTクーペのオープンモデル。ソフトトップを採用しており、約12秒でフルオープン状態に。閉じてもスタイルに破綻はなく、約50km/h以下なら走行中も開閉可能だ。搭載エンジンはクーペと同じ2.0ℓ直噴ターボで、クワトロ(4WD)のみの設定。

S3 スポーツバック
S3 スポーツバック 

09年2月−  (535.0万円)A3スポーツバックのハイパフォーマンスバージョン。最高出力を256psに向上させた2.0ℓ直噴ターボエンジンを搭載し、6段Sトロニックと組み合わせる。専用デザインのバンパー&グリルや18インチアルミホイール、スポーツシート等を装備する。

S4
S4 

09年5月−  (791.0万円)今作で5代目となるA4のハイパフォーマンスバージョン。搭載されるエンジンは3.0ℓV6の直噴スーパーチャージャーで、333psを出力する。走行状況に合わせて後輪左右のトルク差を制御する「リヤスポーツディファレンシャル」を装備。

S4 アバント
S4 アバント 

09年5月−  (809.0万円)S4のステーションワゴンモデル。3.0ℓV6エンジンやスポーティーな各種装備はセダンに準ずる。7段Sトロニックトランスミッションやクワトロシステム、「リアスポーツディファレンシャル」などもセダンと同じ。

S5 カブリオレ
S5 カブリオレ 

10年9月−  (939.0万円)S5のオープンモデルだが、こちらは3.0ℓV6スーパーチャージャーエンジンを搭載し、7段Sトロニックトランスミッションとの組み合わせ。遮音性、断熱性の高い高品質なソフトトップを採用し、50km/h以下であれば走行中も開閉可能。

TTS クーペ
TTS クーペ 

08年9月−  (693.0万円)TTクーペと同じく2.0ℓ直噴ターボエンジンながら、こちらは272psを出力する。外観の特徴は、スポーティーな専用デザインの前後バンパーや18インチホイールなど。サスペンションには可変ダンピングシステム「マグネティックライド」を標準搭載。

RS5
RS5 

10年9月−  (1204.0万円)S5のエンジンをさらにチューニングして450psを出力する4.2ℓV8エンジンを搭載。駆動方式はクワトロ(4WD)システムで、 7段Sトロニックトランスミッションとの組み合わせ。小型軽量で高い電動効率を誇る「セルフロッキング・クラウンギヤセンターディファレンシャル」を新装備する。

TT RS クーペ
TT RS クーペ 

10年2月−  (863.0万円)TTクーペのトップモデルで、340psを出力する2.5ℓ直5ターボエンジンを搭載。駆動方式はクワトロ(4WD)で、11年2月からはトランスミッションを7段Sトロニックに変更。固定式リアスポイラーや2本出しマフラー、19/20インチアルミホイール、バケットシートなどの専用装備を備える。

R8
R8 

07年7月−  (1617.0万-1994.0万円)コンセプトカー「ルマン・クワトロ」をモチーフにしたスーパースポーツカー。エンジンは4.2ℓV8と5.2ℓV10を設定し、ボディはオールアルミ製(エンジンの一部はマグネシウム製)。シーケンシャル式6段ATの「Rトロニック」や超軽量なセラミックブレーキも搭載する。09年には6段MTモデルも追加される。

S5
S5 

08年2月−  (904.0万円)A5のハイパフォーマンスバージョン。7000rpmで354psを出力する高回転型の4.2ℓV8エンジンを6段ATと組み合わせる。エンジン、トランスミッション、ステアリング、サスペンションなどを統合制御する「アウディドライブセレクト」を搭載。