ベントレー

コンチネンタルGT
コンチネンタルGT 

03年10月−  (2145.0万-2570万円)コンチネンタルRの後継モデルで、その名の通りのグランドツーリング(GT)クーペ。シート構成は2+2で駆動方式は4WD。6.0ℓW12ツインターボエンジンが出力するビッグパワーを快適に操ることができる。エンジンパワーなどをさらにチューンナップしたハイパフォーマンスグレード「スピード」も設定。

コンチネンタル GTC
コンチネンタル GTC 

06年10月−  (2395.0万-2780.0万円)コンチネンタルシリーズのオープンモデル。ファブリック素材のソフトトップは約25秒で開閉可能。パワーユニットはコンチネンタルGTと同じで、6.0ℓW12ツインターボエンジンに、パドルシフト付きの6段ATが組み合わされる。

コンチネンタル スーパースポーツ
コンチネンタル スーパースポーツ 

09年9月−  (3130.0万-3230.0万円)コンチネンタルGT スポーツのさらにハイパフォーマンスバージョン。ベントレー史上最強の630psの 6.0ℓW12ツインターボエンジンに、パドルシフト付きの6段ATの組み合わせ。最高時速は329km/h、0-100km/h加速は3.9秒。

コンチネンタル フライングスパー
コンチネンタル フライングスパー 

05年3月−  (2230.0万-2530.0万円)コンチネンタルGTの4ドアバージョンで、 50-60年代に存在したスポーティーな4ドアサルーンの名を復活させた2代目モデル。 パワーユニットなどはコンチネンタルGTと同様で、6.0ℓW12ツインターボエンジンに、パドルシフト付きの6段ATが組み合わされる。

ミュルザンヌ
ミュルザンヌ 

09年7月−  (3380.0万-)ベントレーの新しいフラッグシップの座を担う最高級4ドアサルーン。パワーユニットは6.75ℓV8ツインターボエンジンで、512ps/104kgmのハイパワーを出力。長大なボディは威風堂々としたもので、デザインは50年代の「Sタイプ」がモチーフ。顧客のオーダーに従い、手作業で組み立てられるという。