シボレー

カマロ
カマロ 

09年12月−  (430.0万-535.0万円)およそ7年ぶりに復活したアメリカンスポーツの象徴的モデル。レトロなスタイルやフロントマスクは初代モデルを彷彿とさせるもの。3.6ℓV6エンジンを搭載する「LT RS」と、6.2ℓV8エンジンを搭載する「SS RS」の2グレードを設定する。プロトタイプが映画「トランスフォーマー」に登場した。

コルベット
コルベット 

05年2月−  (755.0万-1490.0万円)ロングノーズにハイパワーエンジンを搭載するアメリカの象徴的なプレステージスポーツカー。現行型は6代目モデルで、ヘッドライトがリトラクタブルから固定式へ変更された。6.2ℓV8エンジンを搭載するベースモデルのほか、7.0ℓV8の「Z06」や6.2ℓV8スーパーチャージャーを搭載する「ZR1」も設定される。

car_no_photo
コルベットコンバーチブル 

05年2月−  (875.0万円)もともとオープンスポーツカーとして誕生したコルベットの伝統を引き継ぐコンバーチブルモデル。約18秒で格納できる電動ソフトトップを搭載し、パワーユニットはクーペのベースモデルと同じ6.2ℓV8エンジンを搭載し、6段ATを組み合わせる。

トラバース
トラバース 

09年6月−  (498.0万-598.0万円)ボクシーなスタイルをまとったクロスオーバーSUVで、8人乗車が可能な3列シートを備える。駆動方式はFF(LS)と4DW(LT)を設定し、パワーユニットは285psを発揮する3.5ℓV6エンジンに6段ATの組み合わせ。車名の由来はGMの本拠地ミシガン州にある都市名から。

タホ
タホ 

08年2月−  (598.0万円)かつてブレイザーと呼ばれたアメリカンSUVの代表的存在。シボレーのアイコンでもある“ボウタイ”グリルと全長5mを超えるフルサイズボディが特徴となる。走行状況に応じて使用シリンダーを8気筒から4気筒へと変化し、燃費を大幅に節約する5.3ℓV8エンジンを搭載。

HHR
HHR 

06年12月−  (248.0万~298.0万円)1949年型のシボレー・サバーバンをフィーチャーしたレトロなフォルムが特徴の5ドアハッチバック。シボレーのラインナップ中最小サイズとなる4.5mの全長は、最小回転半径5.5mという小回りの良さを生み出す。エンジンは2.2ℓと2.4ℓの二種類の直4をラインナップする。

car_no_photo
エクスプレス 

シルバラード
シルバラード 

10年4月−  (399.0万円)北米で人気の高いフルサイズピックアップトラックで、ボディサイズだけでなく荷台のサイズも全長2mと広いので積載能力に優れている。4.8ℓV8エンジンを搭載し、4段AT、4WDシステムと組み合わされる。観音開きドアを採用しており、リアシートへのアクセスも容易である。