フェラーリ

car_no_photo
612 スカリエッティ 

04年11月−  (3660.0万円)V12エンジンを搭載する4シーターモデル。駆動方式はFRで、トランスミッションは6段F1マチック。名称の由来は6ℓ12気筒を示す612と、50-60年代にフェラーリと協力関係にあった工場のオーナー、セルジオ・スカリエッティ氏に由来する。室内空間の広さは先代モデルの456Mから大きく向上している。

car_no_photo
599 

06年10月−  (3560.0万円)フェラーリのフラッグシップモデルで、V12エンジンを搭載する2シータークーペ。575Mの後継モデルであり、駆動方式はFR。トランスミッションは6段F1マチックを組み合わせる。ハイパフォーマンスバージョンで限定車の「599GTO」は、フェラーリの歴代市販車で史上最速とされている。

car_no_photo
カリフォルニア 

09年3月−  (2360.0万円)電動リトラクタブルハードトップを搭載する、フェラーリ初のクーペコンバーチブルモデル。4.3ℓV8直噴エンジンをフロントに搭載するのもフェラーリ初。トランスミッションは新型の7段F1マチックで、ブレンボ製カーボンセラミックブレーキを装備。

car_no_photo
458 イタリア 

10年3月−  (2830.0万円)V8ミッドシップモデルの最新作で、エンジン排気量は4.5ℓ。縦型ヘッドライトなどに代表されるアグレッシブなスタイリングは、ピニンファリーナが担当。バンパー形状やサイドのデザイン、アンダーパネルなど徹底的に空力にこだわっており、先代モデルのF430より全長も全幅もホイールベースも拡大している。