ジープ

パトリオット
パトリオット 

07年8月−  (278.0万-328.0万円)伝統の丸目2灯と7スリットグリルを受け継ぐ、ジープのエントリーモデル。駆動方式は4WDのみで、パワーユニットは2.4ℓ直4エンジンにCVTの組み合わせ。10年2月に米国車としては初のエコカー補助金対象車となった。2011年モデルではオフロードを意識した外観へと変更されている。

ラングラー
ラングラー 

07年3月−  (338.0万-398.0万円)初代モデルからほとんどスタイルを変えずに販売され続けているクロスカントリーモデル。「フリーダムトップ」と呼ばれる3分割式のハードトップを搭載し、3.8ℓV6エンジンに4段ATの組み合わせ。4ドア版の「アンリミテッド」も設定される。2011年モデルではインテリアを一新した。

チェロキー
チェロキー 

08年6月−  (328.0万-395.0万円)7スリットグリルが特徴のミドルサイズSUVで、3.7ℓV6エンジンに4段ATを組み合わせる。「ヒルディセントコントロール」など悪路走破のための装備を多く搭載しているが、オンロード走行も得意としている。11年2月からは、全モデルでECOメーターとクルーズコントロールが標準装備に。

グランド チェロキー
グランド チェロキー 

05年7月−  (586.9万-696.6万円)現行型で3代目モデルとなるフラッグシップの大型SUV。ジープとしては初めてオンロード性能の高さを謳ったモデルといわれ、実際に高速走行時も安定性が高い。エンジンは4.7ℓV8と6.1ℓV8を設定し、どちらも5段ATが組み合わされる。2011年には新型が日本にも投入される予定。