ランボルギーニ

car_no_photo
ガヤルド 

03年5月−  (2428.1万-2533.1万円)「ベイビー・ランボ」と呼ばれる”小さい方”のクーペモデル。ボディデザインは親会社であるアウディ主導で行われた。駆動方式はフルタイム4WDで、5.2ℓV10エンジンをミッドシップに搭載する。トランスミッションは、6段MTと6段シーケンシャルシステム「e-gear」の2種類を設定する。

car_no_photo
ガヤルド スパイダー 

05年10月−  (2661.2万-2766.2万円)ガヤルドのオープンモデルで、ソフトトップは約20秒で開閉が可能。全体のプロポーションを壊さないようフロントガラスは大きく傾斜しており、ピラー部は強化されている。 駆動方式はフルタイム4WDで、エンジンは5.2ℓV10をミッドシップ搭載。

car_no_photo
ムルシエラゴ 

01年12月−  (3751.1万-3856.1円)カウンタック-ディアブロの流れを受け継ぐ、ランボルギーニの現在のフラッグシップモデル。ガルウイングドアと全幅が2mを超える超ロー&ワイドなスタイルが特徴。6.5ℓV12エンジンをミッドシップに縦置き搭載し、 駆動方式はフルタイム4WD。

car_no_photo
ムルシエラゴ ロードスター 

05年10月−  (4136.4万-4241.40万円)ムルシエラゴのオープンモデルで、屋根はキャンバストップを採用している。クーペモデル同様、 6.5ℓV12エンジンをミッドシップに縦置き搭載し、 6段MTと6段シーケンシャルシステム「e-gear」の2種類が設定されている。