メルセデス・ベンツ

Aクラス
Aクラス 

05年2月−  (269.0万-305.0万円)メルセデスの最小モデルにして初めてFFを採用したハッチバックのコンパクトカー。現行型は2代目で、初代モデルのキープコンセプトながら、サスペンションやステアリング構造を一新している。かつては2ℓも設定されていたが、現在は116psを出力する1.7ℓ直4エンジンのみの設定で、CVTを組み合わせる。

Bクラス
Bクラス 

06年1月−  (299.0万-420.0万円)Aクラスのプラットフォームをベースに06年に登場したコンパクトハッチバック。ボディサイズはAクラスよりひとまわり大きく、デザインではサイドのシャープなラインが特徴。1.7ℓと2.0ℓの直4エンジンにCVTの組み合わせ。09年のマイナーチェンジでは、2.0ℓターボモデルが消滅した。

Cクラス
Cクラス 

07年6月−  (399.0万-630.0万円)メルセデスの中核となるコンパクトセダン。かつて世界中でヒットした190Eの流れを汲み、Cクラスという名称になって3代目となる現行型は「W204」という呼称を持つ。10年のマイナーチェンジでは、燃費性能の優れる1.8ℓ直噴ターボを搭載する「ブルーエフィシェンシー」シリーズが追加設定された。

Cクラスステーションワゴン
Cクラスステーションワゴン 

08年4月−  (419.0万-650.0万円)セダンに遅れること1年。08年に追加されたCクラスのステーションワゴンモデルは、Sクラスのデザインを踏襲した端正なデザインが特徴。後方の映像をナビ画面に表示できる「パーキングアシストリアビューカメラ」を標準装備する。搭載されるエンジンはセダンと同様で、3.0ℓV6、1.8ℓ直4ターボの2種類を設定。

car_no_photo
C63 AMG 

07年10月−  (1060.0万円)Cクラスセダンをベースとするハイパフォーマンスセダンで、張り出したフェンダーなど専用エアロが特徴。搭載される6.2ℓV8エンジンは、最高出力475ps/最大トルク61.2kgmを出力する。サスペンションやブレーキも専用チューンされている。

car_no_photo
C63 AMG ステーションワゴン 

08年4月−  (1080.0万円)ミドルサイズのCクラスワゴンにスポーツカー以上の運動性能を持たせたハイパフォーマンスモデル。大型エアインテークを備えるバンパーやサイドからリアへ続く専用エアロも迫力満点。最高出力475psを誇る6.2ℓV8エンジンに7段ATを組み合わせる。

Eクラス
Eクラス 

09年5月−  (634.0万-1080.0万円)CクラスとSクラスの間に位置するミディアムクラスのエグゼクティブサルーンで、日本におけるメルセデスブランドの最量販車種。先代モデルまでの特徴だった丸目4灯ヘッドライトを角目4灯に変更し、より硬質なデザインイメージとなる。COMMANDシステム、アクティブボンネット、ナイトビューアシストなど先進装備満載。

Eクラスクーペ
Eクラスクーペ 

09年7月−  (668.0万-1095.0万円)セダンのデビューから2カ月遅れて発売された2ドアクーペモデル。デビュー時よりラインナップされていたのが、3.5ℓV6エンジン搭載の「E350」と、5.5ℓV8エンジン搭載の「E550」。最近になって「E250CGIブルーエフィシェンシー」が追加された。

Eクラスカブリオレ
Eクラスカブリオレ 

10年4月−  (898.0万円)Eクラスシリーズの最新車となる2ドアオープンモデル。クーペ同様、グリルの中央部に大きな「スリーポインテッドスター」を装着する。搭載されるエンジンは、272psを出力する3.5ℓV6で、☆4つ、75%低減レベルの低排出ガス車認定を受けている。

Eクラスステーションワゴン
Eクラスステーションワゴン 

10年2月−  (669.0万-1115.0万円)セダンから1年ほど遅れてワゴンモデルもフルモデルチェンジされた。搭載されるエンジンは、5.5ℓV8、3.5ℓV6、3.0ℓV6、1.8ℓ直4ターボのほか、3.0ℓV6ディーゼルを搭載する「E350ブルーテック」が設定される。同年8月には仕様変更を受け、「LEDドライビングライト」などを装備する。

car_no_photo
E63 AMG 

09年8月−  (1495.0万円)ラグジュアリーサルーンのEクラスセダンに、AMG独自開発のハイパワーエンジンを搭載したハイパフォーマンススポーツサルーン。6.2ℓV8エンジンのほか、専用開発の「AMGライドコントロール・スポーツサスペンション」などを搭載する。

car_no_photo
E63 AMG ステーションワゴン 

10年2月−  (1530.0万円)E63 AMGのステーションワゴンモデル。大口径エアインテークやサイドエアアウトレットを持つAMGならではのアグレッシブなフロントバンパーが特徴。エンジンは524psを出力する6.2ℓV8で、トランスミッションは7段ATを搭載する。

Sクラス
Sクラス 

05年10月−  (1050.0万-2105.0万円)メルセデスの頂点に君臨するフラッグシップモデル。現行「W221」型は、先代モデルよりボディサイズを拡大し、抑揚のある高級車らしいデザインを採用。「ダイレクトセレクト」によりステアリングから手を離さずにシフト操作が可能。搭載されるエンジンは3.5ℓV6、5.5ℓV8、5.5ℓV12ターボの3種類。

car_no_photo
S63 AMG ロング 

07年1月−  (2230.0万円)フラッグシップモデルのSクラスでダイナミックな走りが味わえるAMGバージョン。524psを出力する6.2ℓV8エンジンを、専用セッティングされたAMGスポーツサスペンションや、強力なブレーキシステムとともに搭載。外観もAMG専用デザイン。

car_no_photo
S65 AMG ロング 

06年5月−  (3040.0万円)6.0ℓV12ツインターボエンジンを搭載し、最高出力612ps、最大トルク102kgmという凄まじい性能を誇るSクラスチューニングの最高峰モデル。S63と共通のLEDナイトドライビングライトや、5ツインスポークデザインの20インチホイールを装備。

CLSクラス
CLSクラス 

11年2月−  (930.0万円)6年ぶりにフルモデルチェンジされた4ドアハードトップのエグゼクティブサルーン。初代モデルからのクーペのような流麗なルーフラインを継承しつつ、スポーティさを向上させている。BlueDIRECTテクノロジーやECOスタート/ストップ機能を採用した直噴3.5ℓV6エンジンを搭載する。

CLS63 AMG
CLS63 AMG 

11年2月-  (1625.0万円)4ドアクーペCLSのエレガントなスタイルはそのままに、豪快な走りを味わうことができるハイパフォーマンスモデル。エンジンは最高出力525psを発揮する5.5ℓV8直噴ツインターボを搭載し、トランスミッションは「AMGスポーツシフトMCT」と呼ばれる7段ATを採用する。

CLクラス
CLクラス 

06年11月−  (1589.0万-2056万円)Sクラスベースのフラッグシップ2ドアクーペ。かつてはSクラスのラインナップのひとつだったが、96年から独立したモデルに。現行型は06年に、Sクラスから1年遅れでフルモデルチェンジされた。5.5ℓV8エンジンを搭載する「CL550」と、5.5ℓV12ターボエンジンを搭載する「CL600」を設定する。

car_no_photo
CL63 AMG 

07年3月−  (2203.0万円)最高出力524ps、最大トルク64.2kgmを出力する6.2ℓV8エンジンを、美しいクーペボディに搭載したCLのハイパフォーマンスモデル。オリジナルデザインのフロントグリルやバイキセノンヘッドライトがさりげなくAMGの個性を演出する。

car_no_photo
CL65 AMG 

07年3月−  (3020.0万円)最高出力612psを誇る6.0ℓV12ツインターボエンジンを搭載する、フラッグシップクーペのトップパフォーマンスモデル。 20インチのAMG5ツインスポークアルミホイールや、AMGデュアルツインエグゾーストエンドなどがデザイン上の特徴。

SLKクラス
SLKクラス 

04年9月−  (570.0万-754.0万円)2シーターのライトウェイトオープンモデルで、電動格納式ハードトップ「バリオルーフ」を搭載。2代目となる現行型は04年にフルモデルチェンジされ、SLRマクラーレン同様、F1のフロントノーズをモチーフにしたデザインを採用している。1.8ℓ直4、3.0ℓV6、3.5ℓV6の3種類のエンジンを設定する。

car_no_photo
SLK55 AMG 

04年9月−  (1056.0万円)ノーマルSLKと同時にデビューを果たしたAMG製のハイパフォーマンスモデル。5.5ℓV8エンジンを搭載し、このモデルで初採用となった7段ATを組み合わせる。AMG強化ブレーキシステムやAMG専用セッティングのサスペンションを採用している。

SLクラス
SLクラス 

01年10月−  (1200.0万-1959.0万円)2シーターオープンモデルのフラッグシップ。54年からの長い歴史を持ち、現行型は5代目。プラットフォームはEクラスをベースとしている。08年のマイナーチェンジでは、可変ステアリング機構や、ヘッドレストから温風が吹き出す「エアスカーフ」を搭載した。エンジンは3.2ℓV6、5.0ℓV8、6.0ℓV12の3種。

car_no_photo
SL63 AMG 

08年5月−  (1939.0万円)6.2ℓV8エンジンを搭載するSLのハイパフォーマンスモデル。トランスミッションは7段AT。 操作系スイッチを統合する「AMGドライブユニットシステム」を採用する。ブラックペイントされたリップスポイラーがSL65との相違点。

car_no_photo
SL65 AMG 

06年11月−  (2964.0万円)オイルクーラーへの空気流入量をかせぐためのフロントバンパー両サイドに設けられたエアアウトレットを特徴とするSLのトップパフォーマンスモデル。6.0ℓV12ツインターボエンジンを搭載し、最高出力612psを誇る。受注生産モデル。

GLKクラス
GLKクラス 

08年10月−  (675.0万円)08年に日本導入が開始されたメルセデスブランドの最小サイズのSUV。トルクを前輪45%:後輪55%の比率で配分するフルタイム四輪駆動システム「4MATIC」を搭載する。日本では3.0ℓV6エンジンを搭載する「GLK300」ワングレードのみ。

car_no_photo
ML63 AMG 

06年10月−  (1490.0万円)プレミアムなクロスオーバーSUVをAMGがチューニングしたハイパフォーマンスモデル。精悍なイメージのフロントバンパーなど専用エアロパーツを搭載し、AMG専用に最適化された「AIRマティックサスペンション」がダイナミックな走りを生み出す。

Gクラス
Gクラス 

90年1月−  (1340.0万円)「G」の車種名は、ドイツ語で「オフローダー」を意味する「ゲレンデヴァーゲン」に由来する。その無骨なスタイルのルーツは、軍用車を民生用に改良して生まれたところにある。現行型はW463と呼ばれる2代目だが、スタイルは81年に発売された初代モデルと変わっていない。過去、さまざまなエンジンが搭載されていたが、現在では5.5ℓV8エンジンを搭載するロングモデルのみがラインナップ。

car_no_photo
G55 AMG ロング 

95年10月−  (1780.0万円)クロスカントリー4WDモデルGクラスのワイルドな走りをさらにエキサイティングに楽しめるAMGモデル。507ps/71.4kgmを出力する5.5ℓV8スーパーチャージャーエンジンのほか、スポーツサスペンションやスポーツエグゾーストシステムを搭載する。

GLクラス
GLクラス 

06年10月−  (1369.0万円)3列シートを備えて7人乗車が可能な大型SUV。「GL550」に搭載される5.5ℓV8エンジンは387psを出力する。10年のマイナーチェンジでは、LEDドライビングライトやインテリアのアンビエントライトなどが追加された。フロントマスクもより高級感のあるデザインに変更されている。

Rクラス
Rクラス 

06年3月−  (789.0万-1082.0万円)「まったく新しいカテゴリーのラグジュアリーモデル」として開発された7人乗りミニバン。ベースになっているMクラス同様に全車フルタイム4WD「4MATIC」を採用し、3.5ℓV6の「R350」と5.5ℓV8の「R550」2グレードを設定する。

Vクラス
Vクラス 

04年11月−  (449.0万-637.0万円)3列シートを備えるFRのワンボックスミニバン。現行型は2代目となる。デビュー時の名称は「ビアノ」だったが06年に「Vクラス」に戻された。07年に出力を向上した3.5ℓV6エンジンを搭載。11年1月には、内外装デザインとサスペンションが大幅に刷新され、乗り心地を向上させている。

car_no_photo
SLS AMG 

10年6月−  (2430.0万円)AMG社初のオリジナルモデルにして、伝説の名車「300SL」を彷彿とさせるガルウイングを採用したスポーツモデル。エンジンはチューニングされた6.2ℓV8で、571ps/66.3kgm、最高速度317km/hというハイパフォーマンスを出力する。

SLRマクラーレンロードスター
SLRマクラーレンロードスター 

07年8月−  (7000.0万-7300.0万円)英国マクラーレン社と共同開発したスーパーカー。F1マシン風のフロントデザインと、バタフライドアが特徴。04年にクーペモデルが発売されて以降、いくつかのバリエーションが登場しているが、現在買えるのはこのオープンモデルのみ。搭載エンジンは5.4ℓV8スーパーチャージャー。

Mクラス
Mクラス 

05年10月−  (756.0万-1086.0万円)シティユースをターゲットにした5人乗りSUVで、現行型は2代目モデル。初代モデルで不評だった質感や静粛性を大きく向上させた。3.5ℓV6と5.5ℓV8エンジンのほかに、3.0ℓV6ディーゼルを搭載する「ML350ブルーテック」グレードを設定する。