ミニ

MINI
MINI 

07年1月−  (219.9万-389.0万円)コンパクトハッチバックで、駆動方式はBMW初のFF。現行型のエンジンはBMWとPSAグループの共同開発でバルブトロニックを採用。1.4ℓ直4(98ps)の「ONE」、1.6ℓ直4(122ps)の「クーパー」、1.6ℓターボの「クーパーS」、ハイパフォーマンス版の「ジョン・クーパー・ワークス」を設定。10年のマイナーチェンジでは、フロントバンパーの形状が変わるなど、内外装のデザインが一新された。

MINI コンバーチブル
MINI コンバーチブル 

07年10月−  (277.0万-416.0万円)MINIのオープンバージョンで、屋根はソフトトップを採用する。グレードは「クーパー」「クーパーS」「ジョン・クーパー・ワークス」の3種類を設定。10年3月には、「ジョン・クーパー・ワークス」以外の全グレード(全車)で、燃費向上に寄与する「ブレーキエネルギー回生システム」を採用している。

MINI クラブマン
MINI クラブマン 

09年4月−  (318.0万-439.0万円)MINIの全長を24mm延ばしたワゴンバージョン。両開き式のハッチゲートが特徴。グレードはコンバーチブルと同様「クーパー」「クーパーS」「ジョン・クーパー・ワークス」の3種類を設定する。「クラブマン」の名称は往年のシリーズ名から。

MINIクロスオーバー
MINIクロスオーバー 

11年1月-  (265万-379万円)ミニとしては初の4ドアモデルで、フルタイム4WDも選択可能。従来のミニのデザインを活かしつつSUV風にアレンジしたスタイルは、ボディ・室内ともに歴代最大サイズとなっており、シートポジションも高く、優れた視認性を誇る。また5つのグレードがエコカー減税対象車になっている。